黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

【ソニックベガ】僅差の2着 高千穂特別(2勝クラス)

シルクホースクラブで出資している愛馬ソニックベガ高千穂特別(2勝クラス)に出走して2着になりました。

f:id:gourmetfrontier:20210719061040p:image

 

 人気は6番人気、和田竜二騎手鞍上で1枠1番からの発走となりました。

f:id:gourmetfrontier:20210719055824p:image

 

 スタートは絶好の好スタート。他に逃げる馬もいないことから自然とハナに立ちます。

f:id:gourmetfrontier:20210719060456p:image

 

 そのままラチ沿を走り最短距離で向正面へ。

f:id:gourmetfrontier:20210719060539p:image

 

 1000m通過は60.4秒、平均〜ややスローペースといったところ。

f:id:gourmetfrontier:20210719060611p:image

 

 3コーナーで各馬が徐々に進出を図る中、ソニックベガはほぼ馬なりのまま絶好の手応えで先頭を譲りません。

f:id:gourmetfrontier:20210719060640p:image

 

 4コーナーで少し手綱を動かしながら2馬身程のリードを保って直線へ。

f:id:gourmetfrontier:20210719060723p:image

 

 和田騎手のゴーサインが出るとそのまま粘り込み、完全に勝ちパターンかと思いましたが、1番人気で松山騎手のマリアエレーナが外から伸びてきて半馬身差差し切られてしまいました。

f:id:gourmetfrontier:20210719060823p:image

f:id:gourmetfrontier:20210719060817p:image

f:id:gourmetfrontier:20210719060812p:image

 


 ソニックベガの勝ちパターンだったレースでしたので、勝ったマリアエレーナを素直に褒めるしかありません。しかし3着馬には0.3秒の差をつけましたし、ソニックベガにとってこのクラスは早い時期に順番が回ってくるものと思います。前走の1年ぶりのレースと比べれば内容も結果もガラリと良くなりましたし、体調次第ではありますが、続戦して夏のうちにこのクラスを卒業してほしいです。