黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

【ディアンドル】中京記念(GⅢ)出走確定

シルクホースクラブで出資している愛馬ディアンドルが中京記念(GⅢ)に出資します。

 

ディアンドル(福島牝馬S優勝時)

f:id:gourmetfrontier:20210716071244j:image

 

奥村豊調教師「14日の追い切りは、小倉までの輸送を考慮して、終い重点で時計を出しました。道中は3歳未勝利馬を追走し、途中から併せて行きましたが、馬なりで楽々駆け上がってくれましたよ。精神的に苦しい時期を乗り越えてからは、交わされても気持ちが切れることはなくなりましたし、良い頃の輝きを取り戻してくれました。前走のヴィクトリアマイルでは、勝ち馬こそ抜けていたものの、先行グループの中では最後まで踏ん張ってくれましたし、2,3着馬とは紙一重でしたから、評価していいレースだったと思います。福島牝馬ステークスに向かう際、2月の小倉大賞典の時より少し物足りないなと感じていたものの、レースでは最後の直線で一旦は交わされたにもかかわらず、もう一度差し返して勝利してくれました。今回は帰厩後からここまで何の不安もなく調整することが出来ましたし、体の張り・艶を見てもここ最近の中では一番と言っても良いぐらい、馬の雰囲気が良いですね。ハンデはここ最近の成績から55kgと見込まれてしまいましたが、それだけ評価してもらっている証拠ですし、中京記念ではそれに見合った競馬をしてくれると思いますので、是非とも団野大成騎手とのコンビで3つ目の重賞を獲ってもらいたいですね」

 

 

 5歳を迎えて完全に本格化しましたね。今思えば2歳〜3歳の頃のスプリント適正は、ただガムシャラにスピード任せで走っていて、それが他馬より優っていたから結果が伴っていただけなのかもしれません。何度見ても圧巻なのは福島牝馬Sの粘り込み。あの根性が毎レースできれば大きく崩れることはないですし、そもそものスピードがある馬なので後ろの馬は追走で脚を使ってしまいディアンドルを差し切る事は非常に難しいでしょう。ディアンドルにとっての1番の不利な状況は、外差し馬場になった時。並ぶ間もなく差し切るような末脚を持った馬がいた時ですかね?

 前走のヴィクトリアマイルでは重賞級の馬相手に力は示しましたし、今回は葵S以来久々に勝ちを意識して応援できるレースです。引退の来年3月までにあと何度出走してくれるのか?秋の大目標はどこなのか?とにかく今週の中京記念に注目です。