黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

《シルクホースクラブ》2021年度 募集馬検討⑨

f:id:gourmetfrontier:20210804054456j:image

 シルクホースクラブ1次募集の申込み中間発表がありましたので、最終的な申込数を予想して出資候補馬を絞っていきたいと思います。

 昨年の抽優での申込みの総申込み数は約18000口でした。今年の現段階では約6000口分の抽優での申込みがあったようです。単純計算で最終的には3倍になりますので、通常申込み数も現段階から3倍して考えてみます。(あくまでも昨年比ですが)

 実際の数とは明らかに違うような馬も出てくるはずですが、あくまでも予想なのでご了承ください。しかし、ある程度予想しないと出資候補馬を絞れないのも事実です。皆さんも自分なりの予想をするか、ブログなどで信憑性のある予想を探してみるのも良いかもしれません。私のはあくまでも簡易的なものなので(笑)

 

《出資候補馬1軍》

※左から馬名、申込数、抽優数、青は中間発表数、赤は予想数

2.アルビアーノの20 312 75 950 220

17.リミニの20 738 244 2200 740

19.テルアケリーの20   250口以下

23.スナッチマインドの20 384 108 1200 320

30.ドントテルソフィアの20 268 37 800 110

41.ピラミマの20 737 343 2200 1000

67.スペシャルグルーヴの20 715 165 2000 500

72.サダムグランジュテの20 1098 307 3300 900

 

《出資候補馬2軍》

※左から馬名、申込数、抽優数、青は中間発表数、赤は予想数

3.ルシルクの20   250口以下

10.カリンバの20 531 194 1600 580

18.ランズエッジの20   250口以下

20.コーステッドの20   250口以下

21.クードラパンの20 277 67 850 200

22.オーラレガーレの20   250口以下

25.ウルトラブレンドの20   250口以下

34.ヒルダの20   250口以下

38.ヴィアフィレンツェの20   250口以下

47.アグレアーブルの20 506 170 1500 510

56.アルジャンテの20 437 133 1300 400

57.ブレッシングテレサの20 266 38 800 120

64.アピールⅡの20   250口以下

68.メテオーリカの20 283 27 850 90

 

 実際の総申込み数は、私の予想より多くなる可能性の方が高いですので、現段階で既に通常申込みでは当選できない馬が出てきました。

 

《通常申込みで当選できない馬》

17.リミニの20

23.スナッチマインドの20

41.ピラミマの20

67.スペシャルグルーヴの20

72.サダムグランジュテの20

10.カリンバの20 

47.アグレアーブルの20

56.アルジャンテの20

 

 上記8頭は通常申込みでは当選確率0%と予想しました。もちろん抽優を使えば可能性はありますが、私の予想ではスナッチマインドの約65%が1番高い抽優での当選確率です。

 ちなみに1番低い当選確率の抽優馬はピラミマで約20%です。5人に1人当選です。抽優の使い方は人それぞれですが、実績の無い私にとっては唯一の武器になりますので、抽優で確率の低い馬に突撃するのは自滅行為です。

 私の抽優候補1番手のリミニの20は抽優確率約30%です。これには正直参りました。新たな抽優候補馬も含め改めて検討します。

 よって、リミニの20以外の7頭はここで潔く諦めて次のステップにいきたいと思います。

 ではまず、抽優を使う馬ですが、これは必然的に候補馬の1軍から選ぶことになります。

《抽優候補馬》

※左から馬名、抽優数、予想抽優数、予想当選確率

2.アルビアーノの20 75 220 約95%

17.リミニの20 244 740 約30%

19.テルアケリーの20   250口以下 100%

30.ドントテルソフィアの20 37 110 100%

 

 抽優馬は上記4頭の中から選びたいと思います。リミニの20以外は確率が高いので非常に魅力的ではあります。

 

 そして次に通常申込みで申込む候補馬を検討します。この枠に関しては申込数と抽優数によって大きく確率が変わるので流動的ではありますが、現段階での予想となります。また、現段階で申込数が250口以下の馬は無条件で候補馬といたします。

 

《通常申込み候補馬》

※左から馬名、予想申込数、予想抽優数、予想当選確率

2.アルビアーノの20 950 220 約2%

19.テルアケリーの20   250口以下

30.ドントテルソフィアの20 800 110 約20%

3.ルシルクの20   250口以下

18.ランズエッジの20   250口以下

20.コーステッドの20   250口以下

21.クードラパンの20 850 200 約4%

22.オーラレガーレの20   250口以下

25.ウルトラブレンドの20   250口以下

34.ヒルダの20   250口以下

38.ヴィアフィレンツェの20   250口以下

57.ブレッシングテレサの20 800 120 約15%

64.アピールⅡの20   250口以下

68.メテオーリカの20 850 90 約20%

 

 上記14頭の内、ほぼ可能性の無いアルビアーノの20とクードラパンの20は諦めざるを得ません。また、250口以上の申込みを集めている他の3頭に関しても当選確率は非常に低く、とりあえず申込んで当選したらラッキー的な感覚でいないとストレスが溜まりそうですね。最大の問題は250口以下の馬で、最終的な申込数と抽優数によって当選確率はさまざまだとは思いますが、このグループの9頭はひとまず一括りとして考えたいと思います。9頭は流石に多過ぎるので少し絞りたいと思います。

 取捨は完全な個人的好き嫌いも含まれているので、能書きは無しにして選んだ候補を発表します。

 

《250口以下、通常申込み候補馬》

19.テルアケリーの20   

20.コーステッドの20   

22.オーラレガーレの20   

25.ウルトラブレンドの20   

38.ヴィアフィレンツェの20

 

 上記5頭を250口以下馬の通常申込み候補馬とします。

 

 これで全てが出揃いました。あとはこの中から何頭当選できるか。抽優馬にどの馬を選ぶか。明日の最終の中間発表を見てから最終決定したいと思います。

 

《出資候補馬(抽優)》※最終

2.アルビアーノの20

17.リミニの20

19.テルアケリーの20  

30.ドントテルソフィアの20

《出資候補馬(通常)》※最終

19.テルアケリーの20   

20.コーステッドの20   

22.オーラレガーレの20   

25.ウルトラブレンドの20   

30.ドントテルソフィアの20

38.ヴィアフィレンツェの20

57.ブレッシングテレサの20

68.メテオーリカの20

 

 1週間以上前から受付開始しているのにも関わらず、結局最後の最後まで四苦八苦しないといけないもどかしさ。改めて思いますが、実績のある会員様と実績の無い会員様での温度差が物凄いクラブですね。実績の無い会員として一矢報いたいと思います。