黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

《シルクホースクラブ》2021年度 募集馬検討①

 

 昨日6/4(金)シルクホースクラブで募集される1歳馬のリストが発表されました。

 

f:id:gourmetfrontier:20210605121324p:image

 

 募集額や預託厩舎、カタログ写真など、詳細は今後順を追って発表されていくので、まだ不明な点は多いですが、血統などわかっている範囲で私の個人的な出資馬候補を挙げておこうと思います。

 

 

ロゼリーナの20

エピファネイア

f:id:gourmetfrontier:20210605122251p:image

 母のロゼリーナはシルクホースクラブで募集されていた馬です。競走成績は13戦2勝です。芝2000mで2勝しており、中距離向きの繁殖だと推測します。本馬はその母の初仔になります。私はロゼリーナに出資していませんし、そもそもこの年はまだシルクホースクラブに入会していませんでした。キャロットクラブに入会してました。当クラブ馬の仔ですので、出資者の方にとっては待ち望んでいた仔でしょう。ロゼリーナに対する思い入れは出資者の方に言わせれば私なんて比べものにならないでしょう。しかし、私はローザネイから続く薔薇一族という血統を非常に好き好んでいます。

ローザネイローズバド→ロゼリーナ→本馬

そして父方にはシーザリオスペシャルウィーク

大好物の血統です。まだ詳細待ちではありますが、出資候補とさせていただきます。

 

 

モルジアナの20

スクリーンヒーロー

f:id:gourmetfrontier:20210605125034p:image

 母のモルジアナはサマーハの初仔で、弟妹にはシャケトラ、サマーハ、ラスールがいる血統。特にサマーハとラスールに関しては実際に私が出資している愛馬です。昨年募集されたモルジアナの19には縁なく出資が叶いませんでしたので、今年こそはという思いです。父のスクリーンヒーローは距離不問、道悪上等というイメージがありますし、モーリスやゴールドアクターと大物を出せる種馬です。大物を出せるポテンシャルのある種馬をサマーハの血統に付けているのですから個人的に嫌う要素はありません。当然の出資候補です。

 

 

リアアントニアの20

ドゥラメンテ

f:id:gourmetfrontier:20210605164145p:image

 母のリアアントニアは説明不要ですね。この馬はリアアメリアの半弟になります。この母の仔で初めての牡馬になりますし、ドゥラメンテの3世代目の仔でそろそろ大物を出しても不思議ではありません。血統から、もちろん目指すはダービーでしょう。エアグルーヴ好きの私には父がドゥラメンテというだけで出資候補ですが、この馬は別格です。募集額次第ですが、実績では無理なので抽優使って抽選も覚悟の上で行くかもしれません。

 

 

 

ピラミマの20

ハーツクライ

f:id:gourmetfrontier:20210605165102p:image

 こちらも説明不要ですね。スワーヴリチャードの全妹です。全姉のルナベイルは新馬戦2着と素質を見せながらも、わずか1戦のみで屈腱炎を発症。志半ばで引退となってしまいました。本馬には姉の分まで頑張ってもらいたいのと、全兄スワーヴリチャードの種馬としての評価を上げるような大活躍を願います。カレンオプシス、エマノン、スワーヴリチャードを仲間内のPOGで指名していたこともあり、ピラミマの仔にはいつか出資したいと思っていました。

 

 

リミニの20

父モーリス

f:id:gourmetfrontier:20210605165815p:image

 母のリミニはポルトフィーノの仔ですが、競走馬登録されずに繁殖に上がった馬です。私が大好きなエアグルーヴの仔で1番好きな馬がこのポルトフィーノです。ポルトフィーノの仔は牡馬が多く、更にサンデーレーシングで募集されることが多かった為、私に出資の機会は訪れませんでした。しかし、ポルトフィーノの長女の仔がシルクで募集されるということなら積極的に出資したいです。半姉のバルレッタは抽選で敗れ、惜しくも出資は叶いませんでしたが、この仔とは縁がありますように。

 

 

グリューネワルトの20

父モーリス

f:id:gourmetfrontier:20210605170406p:image

 私の出資しているディアンドルの半弟です。半兄のコンジャンクションへの出資も考えていたのですが、予算上諦めざるを得ませんでした。個人的に父がルーラーシップからモーリスに変わるのは残念な点ですが、その分募集額が安くなったら嬉しいです。ルーラーシップとモーリスの種付料は2018年も2019年も同じで400万円。安くなりそうもなさそうですね。

 

 

その他の出資候補馬

サダムグランジュデの20 父シルバーステート

ウェイクミーアップの20ダイワメジャー

トレジャーステイトの20ダイワメジャー

ヴァフラームの20ドゥラメンテ

コーステッドの20ドゥラメンテ

テルアケリーの20ドゥラメンテ

プラウドスペルの20ドゥラメンテ

スペシャルグルーヴの20 父ドレフォン

アルビアーノの20ハーツクライ

ハーレクイーンの20ハーツクライ

マイハッピーフェイスの20ハーツクライ

アイムユアーズの20リアルスティール

ドントテルソフィアの20リアルスティール

ロザリンドの20リアルスティール

ウインミーティアの20リオンディーズ

スウェアトウショウの20リオンディーズ

アルジャンテの20ルーラーシップ

スナッチマインドの20ルーラーシップ

ブレッシングテレサの20ルーラーシップ

サンドクイーンの20ロードカナロア

ダストアンドダイヤモンズの20ロードカナロア

デックドアウトの20ロードカナロア

 

 

 リスト発表から約24時間で77頭→28頭まで絞りました。募集額が発表されたら、ここから更に絞り込まざるを得なくなり、ほんの一握りしか残りません。募集額の発表は現実を思い知らされます。価格を知らない今が一番幸せな時間かもしれませんね。逆に募集額次第では上記28頭以外からも候補馬が出てくる可能性だってあります。

 昨年は6/23に募集額と預託厩舎の発表がありました。今年は早ければ6月中、遅くても7月上旬までには発表されるでしょう。あと1ヶ月程ありますので、ゆっくり検討を続けていこうと思います。一口馬主をやっていると、本当にこの時期が楽しくて仕方ないです。