黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

《シルクホースクラブ》2021年度 1.5次募集 出資馬確定

 

シルクホースクラブの1.5次募集が8月17日(火)10時から開始されました。

 

f:id:gourmetfrontier:20210817111214j:image

 

 一次募集で満口にならなかった募集馬は下記の5頭です。

 

4.サンドクイーンの20 父ロードカナロア

募集額5000万円 一口価格100000円 栗田徹厩舎

 

13.ゼマティスの20 父ハービンジャー

募集額1600万円 一口価格32000円 武藤善則厩舎

 

26.カレドニアレディの20 父キタサンブラック

募集額2000万円 一口価格40000円 金成貴史厩舎

 

39.ラドンの20 父Mendelssohn

募集額2500万円 一口価格50000円 木村哲也厩舎

 

52.サルタートの20 父モーリス

募集額2000万円 一口価格40000円 武幸四郎厩舎

 

 上記5頭が一次募集で満口とならなかった募集馬です。それぞれの残口数は

f:id:gourmetfrontier:20210817112112j:image

 残口100口以下の3頭は激戦が予想されますね。

 

 そんな中始まった1.5次募集。ネットが繋がりにくいというのは慣れたもので、それを込みで申込みに望むべきことを会員の皆様はわかっております。

 そんなネットの繋がりにくさとは裏腹に、結果的には開始15分を待たずとして全頭満口。電光石火のようにあっという間に終わってしまいました。

 さすがは天下のシルクホースクラブ。盆明けの平日午前中に募集開始してこの勢い。凄すぎます。

 もはやシルクに売れない馬はいません。どんな馬を募集しても売り切れるでしょう。だからこそ馬選びには慎重にならなければなりません。今こそ我々会員の眼力が問われる時です。

 

 私はと言うと、サンドクイーンの20への出資を企んでいました。

 一次募集で申し込んだ10頭中、抽優馬を含む9頭が落選。ハッキリ言ってこの10頭全て当選していたら破綻です。確実にレイクかアコムです。でもそれは無いと踏んでの申込みでした。

 私と同じように、どうせ外れるんだから予算以上に申し込んじゃえって人は少なく無いはず。でもこの行為がいけません。

 予算を超えた申込みをすると、支払えなくなる事案が発生します。そうなると支払いをバックレる人もゼロではないでしょう。

 そうなるとその口分はキャンセル募集に回ります。そこで再び争奪戦が繰り広げられます。

 キャンセル募集の当選率は非常に低く、一か八か全頭に申込む人すらいらっしゃいます。支払いができない会員に当選してしまったが為に、もしかしたら一次募集で取れていたかも知れない馬が、キャンセル募集に回されて、更に競合という図式になります。

 このような事態になるのは非常に寂しくなりますので、当選したら何が何でも支払いを済ませるべきなのは常識です。

 しかし、そうでもしないと出資できないのも事実です。現に私も予算オーバーの申込みをしています。もちろん当選したら支払いは行いますが、今はこのような状態になっているのが現実です。

 一次募集で全落ちを食らった方も多くいらっしゃいますし、私のように予定より少ない出資になった方も大勢います。

 その多き会員はこの1.5次募集に最後の光を見出す為に戦うのです。一次募集では見向きもしなかった馬を改めて検討し始めます。

 実はこれも結構面白い。今までの自分の常識やポリシーを無視して検討します。同馬に口数を追加する会員様は別ですが、新たに申込む会員様は一次募集では申し込まなかったのですから、ハッキリ言って可笑しな行動ですよね。

 でも一次で落選地獄を経験した会員様にはそんなの関係ないのです。一生懸命検討します。むしろ一次募集よりも熱心に検討します。

 そうして導き出した答えなので、これは本気の勝負なのです。

 私も5頭全てを見直しました。もちろん全頭出資候補馬として扱います。血統、価格、馬体、厩舎、などなど、様々な角度から検討し直して、最終的にサンドクイーンの20一択まで絞りました。

 この検討の過程は記事にはしてませんが、記事を書く時間すらないくらい検討しました。

 そして、募集が開始されて5分程経った時にネットが繋がり、無事にサンドクイーンの20に出資できました。

 

サンドクイーンの20

f:id:gourmetfrontier:20210817120721j:image

ロードカナロア

募集額5000万円 一口価格100000円 栗田徹厩舎

 

 一口馬主を始めて11年目にして過去最高価格タイの募集馬に手を出してしまいました。

 父はあのロードカナロアです。ロードカナロアの牡馬をシルクで持てることになるとは全く思いませんでした。

 ロードカナロア産駒の牡馬は検討するまでもなく価格で候補から外れてしまうことがほとんどです。今年に限っては、申込んだ馬が軒並に落選したことでこの夢が叶いました。

 母サンドクイーンはフェアリードールの牝系で、トゥザヴィクトリーやベネンシアドールが出ている牝系です。祖母フィエラメンテは仲間内のPOGで指名していた思い入れのある馬でした。

 そのフィエラメンテにサンデーサイレンス産駒で最高のダート馬、ゴールドアリュールを配合した馬が母のサンドクイーンです。

 そのサンドクイーンに世界のロードカナロアを付けて産まれた本馬は間違いなくダート馬でしょう。フィエラメンテの父タニノギムレットにロベルトの血も入っているので尚更でしょう。

 ダート馬でも構いません。正直クラシックを狙って出資した馬ではありません。目指すはケンタッキーダービー。そんな夢を抱かせてくれる馬です。

 

 結果的に今年の出資馬は2頭になりました。

サンドクイーンの20

ヴィアフィレンツェの20

f:id:gourmetfrontier:20210818110332j:image

 お仲間の方、今後一緒に応援していきましょう。宜しくお願いいたします。