黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

2021年 第24回(81回)桜花賞(GⅠ)阪神競馬場 芝1600m

 

今週は第24回(81回)桜花賞です。
 


 f:id:gourmetfrontier:20210317083127j:image

 

 

では、早速消去法データでバシバシ切っていきたいと思います。

ご自身の予想、馬券にご活用ください。

 

【消去法データ①】
16番人気以下馬
 

1998年以降、16人気以下馬の成績は(0-0-0-69)で1頭も馬券に絡んでいません。

 

〈消去法データ①の例外〉

無し

 

《消去法データ①で消す馬》

ミニーアイル

エンスージアズム

ブルーバード

※某競馬情報サイトの現時点での予想オッズを参考にしています。定期的に更新していきます。

 

 

【消去法データ②】
2桁人気馬
 

1998年以降、2桁人気の馬で馬券に絡んだのは下記の7頭です。

 

2013年プリンセスジャック14番人気3着

2010年エーシンリターンズ11番人気3着

2008年レジネッタ12番人気1着

2008年エフティマイア15番人気2着

2005年デアリングハート10番人気3着

2003年シーイズトウショウ13番人気2着

2002年アローキャリー13番人気1着

 

上記7頭の内、4頭が芝1400m以上の重賞での連対経験馬、2頭が芝1400m以上のOP勝馬でした。

唯一の例外馬レジネッタは芝1400m以上、OP以上のクラスで2度の3着があった2勝馬でした。

 

〈消去法データ②の例外〉
芝1400m以上の重賞連対馬

芝1400m以上のOP勝馬

芝1400m以上のOP以上クラスで複数の複勝圏内経験のある2勝馬

 

《消去法データ②で消す馬》

ジネストラ

ストゥーティ

ミニーアイル

※某競馬情報サイトの現時点での予想オッズを参考にしています。定期的に更新していきます。

 

 

【消去法データ③】
2番&5番の枠(馬番)に入った馬

 

1998年以降、2番と5番の枠に入った馬で馬券に絡んだ馬はいません。

 

〈消去法データ③の例外〉

無し

 

《消去法データ③で消す馬》

ファインルージュ

アカイトリノムスメ

 

 

【消去法データ④】⭐︎
前走、フラワーCエルフィンSの2着以下馬

 

1998年以降、前走がフラワーCエルフィンS組で馬券に絡んだ馬は1着馬しかいません。

 

〈消去法データ④の例外〉
無し

 

《消去法データ④で消す馬》

エンスージアズム

 

 

【消去法データ⑤】⭐︎
前走、フィリーズレビューの5着以下馬
 

1998年以降、前走がフィリーズレビューだった馬で馬券に絡んだのは4着馬まででした。

フィリーズレビューチューリップ賞の33頭に次ぐ10頭の馬券圏内馬を出しているステップレースであるものの、着順不問のチューリップ賞に対し、こちらは4着までの馬のみと、好走組からしか馬券に絡めていませんでした。

 

〈消去法データ⑤の例外〉
無し

 

《消去法データ⑤で消す馬》

ブルーバード

 

 

【消去法データ⑥】⭐︎
前走、アネモネSの2着以下馬
 

1998年以降、前走がアネモネSで2着以下で馬券に絡んだ馬は下記の2頭です。

 

2002年アローキャリー アネモネS8着

1999年トゥザヴィクトリー アネモネS3着

 

基本的に、アネモネS組から馬券に絡むのは非常に難しく、1着馬を含めても23年間で4頭しかいませんでした。桜花賞のトライアルレースでこの成績では少し寂しい気もします。8着だったアローキャリーはGⅠの阪神JF2着の実績がありました。

3着だったトゥザヴィクトリーはその後エリザベス女王杯を制しドバイWCで2着になる程の名牝ですが、この時点で実績はありません。しかし素質の片鱗は単勝オッズ1.4倍の1番人気という部分に垣間見れます。

 

〈消去法データ⑥の例外〉
GⅠ連対馬

単勝オッズ1倍台の1番人気馬

 

《消去法データ⑥で消す馬》

ジネストラ

 

 

【消去法データ⑦】⭐︎
右回りの芝コース未経験馬
 

1998年以降、右回りの芝コース未経験馬で馬券に絡んだ馬はいません。

 

〈消去法データ⑦の例外〉

無し

 

《消去法データ⑦で消す馬》

アカイトリノムスメ

ソングライン

ストライプ

 

 

【消去法データ⑧】⭐︎
4戦以上連続で連対のない馬


1998年以降、4走以上連続で連対できてない馬は2008年のエフティマイアのみでした。

エフティマイアは5戦続けて連対していなかったのですが、新潟2歳ステークスを勝った重賞馬でした。

 

〈消去法データ⑧の例外〉

重賞馬

 

《消去法データ⑧で消す馬》

ストゥーティ

 

 

【消去法データ⑨】⭐︎

サンデーサイレンス

 

1998年以降、SSの血が父方にも母方にも一滴も入ってなく、馬券に絡んだのは下記の16頭です。

 

2017年ソウルスターリング

 

2010年アパパネ

2010年オウケンサクラ

2010年エーシンリターンズ

2008年ソーマジック

2007年ウオッカ

 

2004年ヤマニンシュクル

2003年シーイズトウショウ

2002年アローキャリー

2001年テイエムオーシャン

2000年マヤノメイビー

2000年シルクプリマドンナ

1999年プリモディーネ

1998年ファレノプシス

1998年ロンドンブリッジ

1998年エアデジャヴー

 

1998年から7年連続で非SS系の馬が複勝圏内に好走してましたが、そもそもSS系の種牡馬の絶対数が少なく、ほとんどがSSの直仔です。フジキセキの初年度産駒ですら1999年がクラシック世代でした。

その後SS系の種牡馬は増え続け、現在はSSの孫の仔が走ってるような時代です。

そんな近年なのですが、過去10年に限定すると非SS系の馬はソウルスターリングただ1頭です。

ソウルスターリング阪神JFを勝ち、その後オークスを勝つような名牝です。そういう馬しか通用しなくなってるのが、桜花賞に限らず日本のクラシック競走の現状です。

しかし2010年には非SS系の馬が3着まで独占したように、全くいらないとも言えませんので阪神競馬場の改修で外回りコースで行われた2007年以降とそれ以前を比較しました。

2007年以降、馬券に絡んだ馬6頭全てに芝1600m以上のOPクラス以上での優勝経験がありました。

しかし1着馬に限れば阪神JF勝ち馬のアパパネ1頭のみなので、単では買いにくいです。

 

〈消去法データ⑨の例外〉

芝1600m以上のOPクラス以上優勝馬

 

《消去法データ⑨で消す馬》

ヨカヨカ

 

 

【消去法データ⑩】

前走、エルフィンSアネモネSを除く牝馬限定OPクラス出走馬

 

1998年以降、前走がエルフィンSアネモネS以外の牝馬限定OPクラスに出走していた馬で馬券に絡んだのは1頭もいませんでした。

 

〈消去法データ⑩の例外〉

無し

 

《消去法データ⑩で消す馬》

ソングライン

 

 

【消去法データ11】《※1着馬のみ》⭐︎
前走、フィリーズレビュー4着以下馬
前走、阪神JF
前走、クイーンC
 

1998年以降、前走フィリーズレビュー4着以下馬、阪神JFからの直行組、クイーンC組は馬券に絡むことはありますが優勝はありませんでした。

※単系馬券を買われる方はご参考に。

 

〈消去法データ11の例外〉

無し

 

《消去法データ11で1着から消す馬》

ソダシ

サトノレイナス

アカイトリノムスメ

アールドヴィーヴル

ククナ

ブルーバード

 

 

【消去法データ12】《※1着馬のみ》
単勝50.0倍以上馬

 

1998年以降、単勝50.0倍以上の馬は馬券に絡むことはありますが優勝はありませんでした。

※単系馬券を買われる方はご参考に。

 

〈消去法データ12の例外〉

無し

 

《消去法データ12で1着から消す馬》

ヨカヨカ

ホウオウイクセル

ジネストラ

ミニーアイル

エンスージアズム

ストライプ

ブルーバード

※某競馬情報サイトの現時点での予想オッズを参考にしています。定期的に更新していきます。

 

 

【消去法データをクリアした馬】

【1着候補馬】

シゲルピンクルビー

メイケイエール

 

【2着〜3着候補馬】

アールドヴィーヴル

エリザベスタワー

ククナ

サトノレイナス

ソダシ

ホウオウイクセル

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。