黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

check the answer 優駿牝馬(オークス)第24回(82回)2021年

第24回(82回)優駿牝馬オークス)の結果を踏まえ、消去法データの答え合わせをしていきましょう。

 

 

優勝ユーバーレーベン

f:id:gourmetfrontier:20210524054529j:image

 

 

 

【消去法データ①】
17番人気以下馬
 

 

〈消去法データ①の例外〉

無し

 

《消去法データ①で消す馬》

ミヤビハイディ6着◯

ストライプ17着◯

 

 

 

【消去法データ②】
2桁人気馬
 

 

〈消去法データ②の例外〉

芝1600m以上のOPクラス優勝実績馬

フラワーC2着馬

 

《消去法データ②で消す馬》

ミヤビハイディ6着◯

ストライプ17着◯

ニーナドレス16着◯

ハギノピリナ3着×

スライリー12着◯

パープルレディー10着◯

 

 

 

【消去法データ③】
8番&11番の枠(馬番)に入った馬
 

 

〈消去法データ③の例外〉

無し

 

《消去法データ③で消す馬》

ハギノピリナ3着×

ソダシ8着◯

 

 

 

【消去法データ④】⭐︎
前走、フローラS4着以下馬
 

 

〈消去法データ④の例外〉
5着以内&前々走まで芝1800m以上で無敗&上がり1位馬

 

《消去法データ④で消す馬》

ウインアグライア15着◯

パープルレディー10着◯

ユーバーレーベン【2〜3着候補馬】1着×

 

 

 

【消去法データ⑤】⭐︎
前走、スイートピーS3着以下馬
 

 

〈消去法データ⑤の例外〉
無し

 

《消去法データ⑤で消す馬》

無し

 

 

 

【消去法データ⑥】⭐︎
前走、忘れな草賞2着以下馬
 

 

〈消去法データ⑥の例外〉
無し

 

《消去法データ⑥で消す馬》

無し

 

 

 

【消去法データ⑦】⭐︎
前走、桜花賞フローラSスイートピーS忘れな草賞以外馬
 

 

〈消去法データ⑦の例外〉

皐月賞出走馬

 

《消去法データ⑦で消す馬》

スルーセブンシーズ9着◯

ニーナドレス16着◯

ハギノピリナ3着×

ミヤビハイディ6着◯

 

 

 

【消去法データ⑧】
14番人気以下馬
 

 

〈消去法データ⑧の例外〉

フラワーC2着&桜花賞で0.9差以内馬

 

《消去法データ⑧で消す馬》

スライリー12着◯

ハギノピリナ3着×

ストライプ17着◯

ミヤビハイディ6着◯

 

 

 

【消去法データ⑨】⭐︎
前走、2桁人気馬
 

 

〈消去法データ⑨の例外〉

桜花賞対馬

フローラS勝馬

フラワーC対馬

 

《消去法データ⑨で消す馬》

ストライプ17着◯

スライリー12着◯

 

 

 

【消去法データ⑩】⭐︎
前走、8着以下馬
 

 

〈消去法データ⑩の例外〉

前走GⅠ組で芝1400m以上の重賞優勝実績馬

前走GⅠ組でフラワーC2着実績馬

 

《消去法データ⑩で消す馬》

ストライプ17着◯

 

 

 

【消去法データをクリアした馬】
アールドヴィーヴル5着◯

アカイトリノムスメ2着◯

エンスージアズム18着×

クールキャット14着×

ククナ7着×

ステラリア13着×

タガノパッション4着×

ファインルージュ11着×

ユーバーレーベン【2〜3着候補馬】1着×

 

 

【総括】

 ゴールドシップ産駒のユーバーレーベンが優勝。久しぶりにオークスらしい結果となったレースでした。無敗での2冠制覇を狙っていた1番人気ソダシは8着に惨敗。2歳時に札幌2歳Sを勝ってるとはいえ、本質はダート馬であり、クロフネ産駒であるソダシは昨年のデアリングタクトのような無敗の桜花賞馬ではなく、ダート馬が桜花賞勝っちゃったよという馬なのです。前走の桜花賞ではコースレコードで優勝。マイラー適正というよりもスプリント適正が色濃く出たレースでした。その桜花賞で3着だったファインルージュもラチ沿いをうまく周ってきてのもの。ソダシとファインルージュはオークスには向かないと判断しましたがその通りでした。

 ソダシは前半からかかってしまい、なおかつ各馬に完全マークされる形に。オークスの条件が合わない上に展開も厳しかった。今後は秋華賞を目指すと思いますが、ダートは鬼の可能性があるので、一度試してほしいです。

 見事勝利したユーバーレーベンはオークスを勝つ為に生まれてきたような血統で父ゴールドシップ、母父ロージスインメイはまさにビッグレットファーム血統。3月に亡くなった岡田繁幸総帥に届ける見事な勝利でした。ミルコ騎手も久々のGⅠ勝利でしたが、やはりミルコがGⅠ勝つと絵になります。昨今はルメールが昔の武豊のように無双なので、ミルコは池添のような立ち位置にいるかもしれませんね。GⅠでは本当にみせてくれます。

 消去法データはと言うと、ハギノピリナが3着に好走したことで歴史がひっくり返りました。強烈なのが、消去法データ⑦の前走で出走していたレースです。過去23年間で桜花賞を含めたトライアルレース以外からオークスで3着以内に好走したのは、果敢に牡馬相手に皐月賞に挑戦したバウンスシャッセのみでした。まさか矢車賞1着の馬がオークスで3着になるとは。

 また、消去法データ③の枠番ネタも信憑性は低いのですが、個人的には好きなネタでして、ここで1番人気のソダシを切れたのに、まさかハギノピリナがデータを破るとは(笑)昨年も散々だったオークスでしたが今年も散々でした。来年は当たりますように。

 

さて、今週は日本ダービーです。

今週は仕事が手につきません。

ワクワクドキドキが止まりません。

既にダービーの消去法データは投稿済みですので、興味のある方は暇つぶし程度にご覧になってください。