黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

【3次募集】ノルマンディーオーナーズクラブ 2019年産 2021年 

 

ノルマンディーオーナーズクラブで2019年産(2歳馬)の3次募集馬のリストが発表されました。

 

 

f:id:gourmetfrontier:20210615203729j:image

 

 

 発表の翌日から早くも募集開始となります。先行募集の期間は6/16(水)〜6/25(金)13時までとなっておりますので、お申し込みの際には気をつけましょう。

 

 ラインナップは全部で9頭でした。予想より多くて驚きました。やはり目玉はデリキットピースの19でしょう。父のキングカメハメハはこの世代がラストクロップですし、母のデリキットピースはクラシックに出走していた馬ですからね。社台ファーム生産ですし、一発あっても不思議ではありません。一口74000円とこのクラブではかなり高額ですが、当たりを引くにはこういう馬に出資するのが近道なのかもしれませんね。

 

 私はこの世代の予算はもうありませんし、気持ちは1歳馬に向いているのでスルーしますが、気になる馬を1頭ピックアップいたします。

 

 

 

ハロックラインの19ハービンジャー

f:id:gourmetfrontier:20210615210422p:image
f:id:gourmetfrontier:20210615210428p:image

 

 昨年10月に行われた北海道オータムセールで落札した馬です。落札価格は税抜400万円。競り合う事なく落札できました。それにしても400万で落札した馬を1200万で募集するとは・・・。3倍ですからね。ちょっと高く感じてしまいます。しかし馬は非常に好みで、薄い皮膚感にスラっとした馬体、脚も長く胴長でいかにも中距離以上の適正を感じます。父ハービンジャーで母父キングカメハメハ有馬記念を制したブラストワンピースと同じです。

 

近況

2021/6/15(ノルマンディーファーム)馬体重:464
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。昨年11月下旬にえりも分場から移動してきて馴致を開始し、12月上旬からは本格的に調教をスタートさせています。両前には幼少の頃に負った山傷があるものの、調教にはまったく影響はありません。5月以降は不定期ながら15-15もおこなっていますが、まだトモには良化の余地を残していますし、芝の中長距離が向きそうなハービンジャー産駒とあって、本州への移動はもう少し北海道で乗り込んでからになる予定です。

 

 まだこの時期の新馬戦は短距離がメインですので、中距離の新馬戦が多くなるまで成長を促すのは良いと思います。立ち姿を見ると確かにまだトモが頼りなく見えます。秋までガンガン乗り込んでトモがボリュームアップすれば面白い馬になりそうです。

 落札価格を思うと高く感じますが、逆にセリで安く買えたと考えるのもありでしょう。一口価格30000円なら決して高くはないと思うのでお買い得かもしれません。特にノルマンディー1本でクラブ馬主を楽しんでいる方は1歳馬の募集までまだ時間はありますので検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

※ノルマンディーオーナーズクラブ様よりクラブ公式HP等からの画像、動画、情報文の引用許可を得て掲載しております。

https://www.normandyoc.com/sp/