黒鹿毛桜の消去法データ&一口馬主Life

小さな勝ちが大きな価値

《インゼルサラブレッドクラブ》新規一口馬主クラブ発足!募集馬検討

 

 もう当分前から話題になっていますが、今大人気の一口馬主クラブに新たな新規クラブが発足されました。

 その名も《インゼルサラブレッドクラブ》

f:id:gourmetfrontier:20211015061545j:image

 9月8日に発表があり、同時に先行入会が始まりました。身分証明書などをアップロードし、必要事項を記入し送信すれば、審査の末に一先ず入会できます。この審査はまず通りますので興味ある方は入会だけは済ませておくことをおすすめします。

↓↓↓↓↓

https://inseltc.com

 入会しても、出資が確定しなければ入会金などは発生しませんのでご安心を。

 

 この新規クラブを立ち上げたのは日本ではお馴染みのキーファーズです。正確に言うとキーファーズの代表松島さんの娘、松島悠衣さんです。キーファーズは世界をまたにかけ活躍する日本のオーナーですが、大きな特徴として『武豊凱旋門賞を勝つ』という目標を定めているのは有名な話ですよね。

 先日の凱旋門賞でもキーファーズの勝負服を着て武豊騎手が挑戦していました。ただ騎乗馬は日本の馬ではありません。ブルームというアイルランドの馬です。キーファーズは海外でも競走馬を所有しており、このブルームはクールモアとの共同出資の馬です。

 インゼルサラブレッドクラブはそのキーファーズ代表松島さんの娘さんである悠衣さんが代表となり立ち上げた新規クラブですので、キーファーズ同様主戦は武豊騎手であると予想されています。

 

 

 まずインゼルサラブレッドクラブの特徴をご紹介します。

・募集口数【50口、500口、IFF】

・入会金【11000円】

・月会費【2980円、1980円】

・募集馬【50口4頭、500口15頭】

 募集口数は3種類です。IFFとはインゼルファンファンドというもので募集馬15頭に出資するというものです。まぁ簡単に言うと特定の馬ではなく、インゼルの所属馬全体を応援しようというもので、比較的低額でできます。私は興味ありませんのでこちらの記事では紹介しません。詳しく知りたい方は他の方がブログで紹介いるのでそちらをご覧ください。

 入会金は11000円です。他のクラブと比べても高くないので良心的と言えるでしょう。現在先行入会中ですので、この期間中に入会すれば入会金相当の10000ポイントが貰えるので実質1000円になります。

 月々の会費は、50口募集の馬に1頭でも出資すると2980円。500口募集の馬だけなら1980円という仕組みになっています。私は50口募集の馬に出資することは絶対に有り得ませんし、大体の方が500口募集への申込みとなると思うので1980円と覚えておきましょう。この価格は、ノルマンディーオーナーズクラブの1100円ほどではありませんが、かなり安い部類に入りますのでこちらはかなり良心的です。

 最も気になるであろう募集馬ですが、こちらも魅力的な馬が多く募集されています。ノーザンファーム産6頭、社台ファーム産2頭と日本におけるトップブリーダーの生産馬も募集されており、それに見合う血統馬となっております。その中でも一際目につくのがアイルランドの世界一のブリーダーと言われているクールモアスタッドの生産馬が募集馬にラインナップされている事です。これはとんでもない事です。合計3頭ラインナップされていますが、その内500口で募集される2頭の父はあのサクソンウォリアーです。サクソンウォリアーはクールモアがわざわざ名牝メイビーを日本に連れてきて、ディープインパクトを配合して産まれた仔です。その後アイルランドに戻り4戦4勝で英2000ギニーを制しました。

 はっきり言って、いくらディープの仔だからといってイギリスで結果を残した馬の産駒ですから、日本で結果を出せるかはわかりません。むしろ結果を出せない可能性の方が高いです。ただそれでもクールモアスタッド生産の馬に出資できるというステイタスに非常に惹かれます。

 昨今、一口馬主クラブの大人気に伴い、各クラブで会員の増加が見て取れます。特に人気のシルクホースクラブやキャロットクラブなどは新規での入会が難しく、また既存会員であっても出資したい馬に出資できないような状況に追い込まれています。様々な媒体やブログなどで批判や愚痴を見ることもしばしば。出資が思い通りにいかないと退会する会員や、セカンドクラブを探す会員も増えていきます。本当に大人気です。

 ここ最近では複数のクラブを掛け持ちしてる会員も多くなってきています。私も例外ではなく、現在はシルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブ、広尾サラブレッド倶楽部と3つのクラブを掛け持ちしております。もちろん各クラブに良いところ悪いところありますので、どのクラブが良いとは一概には言えません。そんな中インゼルサラブレッドクラブの発足で非常に頭を悩ませる事となりました。何せ予算が無くて。。。

 しかし、個人的な見解としてはインゼルサラブレッドクラブの印象はとても良く、是非このクラブで出資したいと思っております。募集馬のリストが出てから1ヶ月以上経過してますので募集馬全頭の検討は終わっております。こちらの記事では出資予定馬のみ挙げておきたいと思います。

 

 

ビウィッチトの20


f:id:gourmetfrontier:20211015082424j:image

f:id:gourmetfrontier:20211015082422j:image

 クールモアスタッド生産、サクソンウォリアー産駒の牝馬です。この馬に関してはあーだこーだ言うつもりはありません。クールモア生産でサクソンウォリアー産駒だから出資したいと言うのが全てです。同じサクソンウォリアー産駒で牡馬のオワセイフの20との比較でこちらの方が良いと思ったので既に申込み済みです。深く考えても仕方ありません。もし同じ考えの人がいらっしゃって、ビウィッチトの20とオワセイフの20で悩んでる方がいらっしゃいましたら牡馬か牝馬かで選んでも良いかもしれません。

チカリータの20


f:id:gourmetfrontier:20211015082945j:image

f:id:gourmetfrontier:20211015082943j:image

 新種牡馬マインドユアビスケッツ産駒の牝馬です。マインドユアビスケッツはドバイワールドカップデーに行われるゴールドシャヒーンを連覇したダートスプリンターです。直線だけでごぼう抜きする脚力と瞬発力は非常に魅力的で、それが産駒に伝われば日本での活躍も期待できます。もちろん主戦場はダートになりますが、ノーザンファーム生産でこの価格なら回収率100%超えは難しくないと思っています。

 母のチカリータはキーファーズ所有のクロフネ産駒です。チカリータの祖母はハルーワソングですので牝系はしっかりしていますし、チカリータ自身は現役時にダートで2勝していますが、全27戦中23戦で掲示板内に走った超堅実な馬でした。

 本馬は初仔になりますが、サイズは申し分無く、ダートで堅実に走った母に更にダート色が強く、瞬発力を武器にしたマインドユアビスケッツを配合しました。厩舎は母と同じ小崎先生のところなので全く問題ないでしょう。価格的に手を出しやすいので人気になりそうですが、抽選となっても是非申し込みたい1頭だと思っております。

 

エレクトラムの20


f:id:gourmetfrontier:20211015084341j:image

f:id:gourmetfrontier:20211015084338j:image

 ノーザンファーム生産のダイワメジャー産駒の牝馬です。母のエレクトラムは愛国産でアメリカの芝の重賞を2勝しています。実績はありますし、系統としてはサドラーズウェルズ系なので父ダイワメジャーとの相性も良いです。価格も1口36000円で手が出しやすいですし、申込み序盤では1番人気と噂されてた馬ですから抽選必至かもしれません。しかし測尺が発表されると、ダイワメジャー産駒らしからぬ馬体の小ささが判明し人気は以前より減速したように感じます。まぁ今後成長する余地はありますし私は気にしませんが。

 

オワセイフの20


f:id:gourmetfrontier:20211015090717j:image

f:id:gourmetfrontier:20211015090720j:image

 こちらはビウィッチトの20の補欠です。出資理由はビウィッチトの20と同じでクールモア生産、父サクソンウォリアーという事が全てです。ウォーキング動画で観た動きではビウィッチトの20より良く観えました。

 

ユイフィーユの20


f:id:gourmetfrontier:20211015091127j:image

f:id:gourmetfrontier:20211015091124j:image

 私の大好きルーラーシップ産駒です。初仔ですがサイズは充分。母父ディープインパクトですので流行りの配合パターンにも好感が持てます。

 母ユイフィーユはキーファーズ所有の馬で、現役時には芝で1勝しか上げられませんでしたが、全15戦で全て1桁着順でしたし、ラストの末脚には素質を充分に感じるものでした。祖母のスクービドゥーは仔出しが良いですし、その中には6勝馬プリンセスムーンもいます。

 父がルーラーシップというだけで私は出資候補なのですが、価格も1口32000円と安いですし、厩舎が四位先生というのも非常に魅力的です。

 

 

 以上の5頭が出資予定馬となっております。ここでは挙げられなかった馬の中にも魅力的な馬が多く、価格的に断念した馬もいます。

 キーファーズの松島さんは将来的には自身で牧場を経営されたいと仰っているので、今後インゼルの牝馬が引退後に繁殖牝馬として繋養されるかもしれません。そうなれば母馬優先出資などのシステムも導入され、更に魅力的なクラブに進化することでしょう。

 

 本日の17時頃に申込み状況の中間発表がありますので、実際どのくらいの申し込みがあったのか気になるところです。

 募集期間は10/29まであと2週間もありますので、まだ申込み馬を決めかねてる人は、中間発表を見て再度検討してみてください。

 

 最後に、非常に楽しみなクラブができました。インゼルサラブレッドクラブ様にはこれからの競馬界を盛り上げて欲しいと思っています。